2019年10月16日水曜日

ボディワークでカラダを支える動きを知る方法

悪しき習慣は知らぬ間に戻ってくる傾向があります。

悪しき無意識な動きを良き意識的なものに変える。
どこに無意識な動きがでるのか。現れるのか。
正確に把握してカラダの動きを自己管理できるように自己の動きを知る必要があります。

ひとによって個人差がありますが、「見えない不安を解消する」必要もあるでしょう。そのために自らの体を支える動きを知っておく事で不安を解消できます。

真の持久力を持つ。
正しい動き(本来備わっている生きているヒトの動き)で練習すればするほど、深く記憶の中に定着します。練習の成果が現れ身につきます。

あなたの学習曲線を劇的に短縮してくれます。
良くなるネットのボディワークはヘルスリテラシーにつながります。



前号は体幹編の6項目を紹介しました。
今回は体幹編で背骨に関係する5項目です。



ねこ背の度合いねこ背の角度立位

腰掛けた状態での角度座位
脊椎の曲がり脊椎の生理湾曲立位

腰掛けた状態で背中から腰までの形状座位
臀部の歪み腰掛けた状態での尻や仙骨の位置座位


[ねこ背の度合い]
立位と座位で観ます。立っている状態と腰掛けている時で観ます。大きな違いが現れる人がおります。隠れねこ背というのがあるんですよ。

[脊椎の曲がり生理湾曲]
立位と座位で観ます。背骨のSカーブができてないと腕が肩より上へ上がりません。肩を揉んだりしても最終的な解決になりません。背筋が伸ばせる状態になって頸椎の湾曲ができてはじめて肩甲骨が正常に可動します。そうすると腕が挙げられるようになります。坐骨の位置から頸椎までの脊椎周辺の筋肉が緊張と弛緩して、伸びる動きができて腕を伸ばして挙げられるようになります。

[臀部の歪み]
座位で観ます。腰掛けた状態で坐骨の歪みを観ます。お尻が歪んでいると骨盤がねじれます。股関節にも影響が現れる方もおります。ランニングする方は重要な動きの検査になります。

自分の進歩を常に把握してこそ健康リテラシーですよね。
次号は上腕に関する動きについて紹介いたします。

2019年10月15日火曜日

カラダの動きを知るヘルスリテラシー


今年の夏は猛暑日が続いておりました。スポーツドリンクを飲む習慣が多かった方もいたでしょうか。アミノ酸飲料って各社しのぎを削るようにたくさんあって迷いますよね。

この手のドリンクを試し飲みすることがあります。内容成分を読んで味覚で確かめ体感します。飲んだ後の尿など汗の出方も把握します。

いろんなことを効果側面をうたっています。美容、体脂肪燃焼、ダイエット、栄養補給、疲労感、こんなキーワードでしょうか。まー大抵はカフェインの強さか吸収率高めるためのことだったりしますが、発汗することなく、飲み続けていると良く無いですよね。糖分の問題だったりしますが、気をつけたいことは水の代わりに常時飲んで摂取していると糖尿病予備軍になる可能性があるので要注意です。糖分の取り過ぎ要注意です。22年前に老化防止研究会でニュートリションの勉強をしていた経験で、過剰摂取の問題ビタミン・ミネラルのバランスを欠いた事例を多く学んでいたので今に役立っております。


前号は頚部のことでした。
カラダを支える動きを検査する。
今回は体幹編で肩について6項目を紹介します。



自らのカラダの動きを知ると、なんで捻挫しやすくなったりぐらしたり故障したりするのか理由が判明したりします。



体幹肩の高さ左右の肩の高さ立位


肩の左右差と段差高さ仰臥位


顎の位置から肩の上下左右の段差伏臥位

前腕の有無立った状態での位置立位


寝た状態で位置仰臥位

肩甲骨の膨隆肩甲骨の状態座位


肩の動きを検査することは球技やラケットを持つスポーツでは重要な問題です。コントロールに関係します。


立った位置での肩の左右差をみます。
肩の高さは首の動きの問題が関係してきます。背骨の生理湾曲の問題。背骨の蛇行。仙骨に位置が関係します。端的に肩を揉んだりしても解決しません。鎖骨周りの筋肉の動きも見ておきましょう。


仰臥位で肩の動きをみます。
仰向けに寝た状態で肩の浮きをみます。カラダの動きで変化が出る方は要注意です。


伏臥位での状態で肩の段差をみます。
肩の動きが謙虚に出る方がおります。四十肩や五十肩の方です。痛く無いと気づかないこともあるのでは。


立った姿勢で前腕の有無をみます。
左右差がある方はねじれがあるので球技やラケットを持つ方はスランプと感じて過度の練習は控えましょう。


仰臥位で前腕をみます。
背骨の蛇行が関係して前腕の状態が変化する方は上腕を使う運動や仕事で肩を痛めるかもしれません。



肩甲骨の膨隆
肩の可動域可動範囲に関係する動きをみます。前腕と関係してます。肩甲骨の膨隆は上腕に影響を与えます。


私どもは、このようは診断検査を数秒で把握して判断して治療に反映して施術してるんですよ。

次号は脊椎に関係する項目を紹介します。



2019年10月14日月曜日

カラダの動きを知る検査 BMIコントロール

ボディマスインデックス
BMIのことですね。

計算式は体重kg ÷ (身長m)二乗です。
適性体重の計算式は(身長m)二乗 ×22


わたしのBMI指数は22です。
適性体重は数式によると66㎏だそうです。これは大人の指数だそうで。子どもは別に指数があるそうです。

特別運動をしていません。しかし適性体重とBMI値は大きな変化は起きません。

5,6年前は違ってました。今と何が違うか。それは夜遅くに会合での飲食をしなくなってからです。夜9時以降は食事を取りません。食事は昼は12時。夜は7時です。1日2食で朝は食事を取りません。白米の場合およそ150グラムです。おかずは汁物や野菜ですが肉は120グラムぐらいですね。お店のとんかつ屋で150グラムとかありますがレディースのコースで十分です。キャベツはかなり食べます。パンですと8枚切りで2枚しか食べません。このような量で毎日朝に、体重を計量してますと、体重は大きな波が起きますが67キロから70キロを上がったり下がったりグラフを見て、食事内容を変えたり加減しております。

毎日体重をグラフ管理してみると、過食とかなくなるようです。多くは食べ過ぎなんですね。活動量運動量を気にするより、生活活動量を基準に食事を加減した方が無理なく適性体重を獲得できるようです。


やめられない。止まらない。何かを見て、脳が食事を欲しがる。食事をコントロールするのは本人の意思がかなり占めています。意思をコントロールすることから始めればBMIコントロールは可能だと言えます。


運動量でコントロールを考えている方へ
ランニング、ジョギングとかを考えている方
運動で体を痛め無いためにもカラダの動きを検査してみるのも一考されると故障なく運動ができると思います。



前号からの続き。
カラダの動きを知る検査をしています。
良くなるネットでは、それはそのまま治療につながっています。


カラダの動き検査 頚椎編4項目を紹介しますと.....仰臥位で座位で検査します。


頸部首のねじれ頚椎の湾曲蛇行

首の傾き首が左右どちらに歪んでいるか


首の前方傾き度

首の生理湾曲ストレートネックの有無


[首のねじれ]
頸椎の湾曲や首の蛇行つまり歪んでいるか触診検査します。主に仰臥位で診ます。歪んでいると顔面の向きに影響が出ます。スポーツではコントロールする動きに影響が出ます。耳鳴りに影響を与えたり、写真写りに影響を与えます。

[首の傾き]
本人は自覚なしに首を傾けている方がおります。集合写真で大勢集まっての写真撮影で首の傾きを指摘され直される方がいたりする場面を思い起こされる方いると思います。そーです。御本人は気がついて無いのです。首の傾きは習慣でカラダの動きにクセを身につけている場合があります。早く見つけて治療を行うと慢性肩こりの方は肩こりが解消します。慢性の片頭痛の方は解消解決への方向に向かうことができます。

[首の生理湾曲]
ストレートネック。むち打ち症状など交通事故で被害を受けた方に多いですね。わたしも過去に交通事故後遺症になった経験があります。多くの医療施設では解決されないのがむち打ち症状です。マッサージでは決して解決できません。これは22年前から今でも同じです。頸椎の牽引しても解決できません。重症の場合は悪化します。首は頸椎は揉んではいけません。良くなるボディワークで首の位置大切さが理解できます。


次号のカラダの動きを知る検査は体幹編に入ります。


ご自身のボディマスインデックス興味ある方はリンク先をご覧になって見てください。

2019年10月13日日曜日

カラダの動きを検査するヘルスリテラシー

ヘルスリテラシーまたは健康情報リテラシーに通じる
ボディワークであります、良くなるネットがしているカラダ機能検定について紹介しています。


身体活動量というの言葉があります。安静にしている状態よりもエネルギーを消費するすべての動きのことだそうです。
身体活動とは、体力の維持向上を目的として計画的意図的に実施する運動のことだそうです。
運動以外で、職業での仕事での動きは職業活動といい。生活上での動きは生活活動というように定義している学者がいるそうです。

身体活動量=運動+職業活動+生活活動
ということで、ストレッチ、ジョギング、ランニング、ジム、フィットネス、異なった運動と、オフィスワーク、家事労働、を混在している様々な種類や強さ知り、量と強さを表す単位があるようです。単位は、身体活動の量は「エクササイズ」といい。身体活動の強さを「メッツ」というそうです。

さて、私どもエクササイズでもメッツでもありません。動き。動作について検査しています。どの程度動くのか。動かせるのかです。

それでは、前号に続き今回紹介するのは顔面について。
[カラダ機能検定]
頭部編の4項目。顔面について紹介いたします。

鼻の曲がり鼻の向き
顎関節の可動域開口しての歪みの有無
口角の傾き口の歪み噛み合わせ
顔面の歪み正中線でみての左右差

この検査は座位や仰臥位で行います。
立位では行いません。理由はあります。
体に不用意に力が入るからです。
意識して構えるからです。


[鼻の曲がり]
これは外観で見ます。

[顎関節の可動域]
これは口を開けた時、顎関節の動きを見ます。顎の動きは重要です。蛇行したりして口を開けると歯並びが悪くなります。噛み合わせが悪くなります。歯医者で歯並び矯正を行うとき個人差ありますが片頭痛の原因になったりすることが起きます。運動スポーツでは力が入りぬくい状況を生み身体バランスを欠くことになります。

[口角の傾き]
これは外見外観検査ですぐ判明します。この検査でわかることは、肩の動きに問題が起きたりしてる方を見つけたり、片頭痛が起きやすいとか、眼精疲労、慢性肩こり、女性が気にする、ほうれい線などに影響が出ます。直す方法はまた別の機会に紹介したいと思います。

[顔面の歪み]
顔を正中線で見ます。頭蓋骨は顎関節があるため頭部はアタマとアゴで別れます。アゴ周辺の筋肉と頚椎から鎖骨付近の筋肉の影響で、まぶたが閉じない。ドライアイ。噛み合わせが悪い。歯並びが悪い。片頭痛。鼻詰まり、鼻炎。いびき。耳鳴り。これらの要因を引き起こしたりします。顔面神経痛や顔面の痙攣。これらも顔面の歪みを解消へ向けた治療を起こすと解消へ向かいます。


次号は頚部について紹介します。




2019年10月12日土曜日

ヘルスリテラシーは健康情報リテラシー

あなたの動作を支えるカラダの動きを検査する

カラダ機能検定のススメ
ボディメンテナンスの前に、まずはボディチェックから。
カラダの動作を総点検することはヘルスリテラシーに通じます。

健康情報リテラシーの重要性
健康情報は蔓延していて、あふれております。自らが目にしたり手にした健康情報は正しく受け取れて尚且つ理解できているとは限りません。


良くなるネットは、
  より健康に
  より元気なカラダに
  よりアクティブな運動ができるように
施術を通して情報提供や指導教授を行ってきました。


良くなるネットは治療所を1998年に設立して21年目になります。わたしらは治療する前に、治療中に、常に診断して施術する手法をしております。良くなる手法を使い分けております。診断するための手法はざっと60以上はあります。これを整理して「カラダ運動機能検定」をできるようにしました。ボディチェック診断検定料は3500円です。それでは、どんなことをしているのかを号を分けてひとつ一つ紹介します。

良くなるネットの「カラダ機能検定」60項目のうち今回は頭部の動き編の3項目を紹介。


立位、座位、仰臥位で、
頭部の傾き、傾斜、向き、前後左右差、外観をみます。
これで何がわかるのか?

後頭部から見て傾斜外観
寝た状態での頭の向き
腰掛けた状態での傾き

頭部は、あなたの身体バランスとカラダの動きに影響を与えます。
日常生活での癖が身についたりします。成長期であるならば、日々の生活の中で習慣化されたり動きが固定化されていたりします。このクセは運動や仕事の作業に影響を与えます。

クセの発見は、成人より小学生や中学生の時に、いち早く把握しておくと良いかも知れません。中学で部活を始めたりすると、関節部位や周辺の筋肉を良く傷めたりする場合。知らないうちにクセが身についてしまったカラダの動きが身についたことが原因だある場合もあります。運動のタイムに影響を与えます。早く見つけましょう。



良くなるに来られる方の3つの選択肢
  1. 頭のてっぺんから足のつま先までの動きを総点検する。
  2. ボディメンテナンス=痛みの治療または歪み調整。
  3. ボディチェック=カラダの動きを総点検で治療しない。

1を選択される方は治療でなく、今の自分のカラダの状態を把握して知っておきたいという方です。診断料3500円です。
2を選択される方はふつうに治療に来られる方です。治療費は6500円です。
3を選択される方は自己治療を身につけたいという方です。インナーストレッチという手法があります。30分2000円でインナーストレッチという治療をボディワークの教室形式で教えています。


次号は頭部編で顔面に関する項目を紹介いたします。









2019年10月3日木曜日

ナデール治療法はボディワークにより誰でも習得できるスグレモノ

私ども、揉みません。ツボ押しなどという手法は行いません。

呼吸をみて、さわる。ふれる。という手法で施術治療をいたします。
その中で、治療に来られた家族にも教えて自宅治療できる在宅セルフ療法として行える手法があります。

[冊子]

ナデール治療法といいます。


特徴は優しく手のひらを使う手法です。行うだけで、痛い周辺患部や筋肉が硬直してる部位などがウソのように消えます。

講習で教えたとおりにやってみたら、ヘルニアで腰が痛いっていう人が「あれ!痛く無い!」って。うれしい報告を頂いた事例がたくさんあります。


ナデール治療法の習得はワークをとおして、体験実習実技により覚えられます。

具体的にはどんなやり方なのか。大変数多くあるので、その方に合った手順で指導して覚えて自宅で仕事場で実践して役立てることができます。


習得する方法は体験実習で自らの体をとおして、体感して体験して理解して自然と身につきます。

覚える時間は30分
あとは繰り返し行うだけです。

さて、ナデール治療法。どういったものか。また改めてご案内したいと思います。

2018年3月24日土曜日

側弯症で慢性腰痛になっていました。


写真は尾骨坐骨位置から頭部に掛けてコンパスを伸ばした状態で撮りました。コンパスが斜めに見ますが目の錯覚に陥りそうですね。この方の身体が左方向に歪んでおり身体が左へ傾斜して腰掛けてるので斜めに見えてしまってます。

側湾症と言えます。両肩のラインと腰(腸骨)が一直線上に位置していないのです。

これを治すことから始めないと今回の方の腰痛は解決いたしません。側弯症という脊椎の彎曲を治すことが腰痛を治す重要な治療となります。

もちろん他にも腰痛を起こしている原因と要因があります。本人も知らぬまに身につけてしまった習慣があります。癖を治す必要があります。自らも何に気おつけなければならないのか知ることが大切です。十分理解して、最終的な腰痛の原因を解消することに繋がります。この方は脚に大変な疲労を起こしていたのが問題でした。
笑い話ですが、立っている状態で自らが歪んでいることにご本人は気がつきませんでした。男の人は全身が見える鏡(姿見)を見ることないですからね。
腰痛一つ解決するに腰だけの問題ではないのです。坐骨神経痛も当てはまりますけどこれはまた別の機会に。