2016年12月8日木曜日

老老介護が一般的にする時代へ入りました。ヨクナルから提案があります。

50歳代で
少し膝の動きに違和感がある方、
要注意です!

老老介護と人口減少は関係があります。

ヨクナルからの提案です。
介護にならない楽しい生き方を目指しましょう。


先日、養寮介護施設にいる86歳の友人を訪ねました。30年来の付き合いのある元大工の親方です。歩く力が落ちると年々体は弱ります。80過ぎまでは歯ブラシで歯を磨いたことなく塩で磨いてた人でした虫歯も一本ない。そのようなひとが施設入ることになり83歳で歯磨きする習慣ないひとが歯ブラシを持たされ、突然まったく環境が変わったことで、丈夫だった歯は噛む力も落ちてました。よだれがでるようになってしまってます。握力も当然ながら弱っておりました。数年前は元気な姿を知ってるだけに年々弱っているようでショックでした。
夫婦介護や老老介護が普通に当たり前の時代へとなりましたね。

注視したいのがスポーツができる高齢者ではなく、外出や日常動作で影響のある方です。

年々健康状態がよくないという層が増加傾向なのだそうです。

この資料をみて未来が予見できます。

70歳代〜動きが鈍い
  • 起き上がりにくい
  • 立ち上がりにくい
  • 歩きにくい
80歳代〜
起きれない、立てない、歩けない。

そうーなりたくは無いですよね。

元気に人生を送りたいですね。




50歳代で
少し膝の動きに違和感があって左右の靴の底の減りがアンバランスな方

20年後に

困らないようにご自身の体の動きや癖を知っておくと良いです。




良くなるネットは、ひとの健康をトータルヘルスケア(身体的な健康と精神的な健康と合わせた取り組み)で治療しています。


そこで、インナーストレッチ15度の腰掛けインストラクター特別養成講座を始めます。



インナーストレッチとは?
15度の腰掛けとは?
インストラクターとは?

詳細は次の機会にご案内したします。







2016年12月5日月曜日

2回目で50代女性で10年来の肩こりしなくなった。

肩がこる。極度に凝ると肩が痛くなる指が腫れてくる。痺れも起きる。

このような方が2回目の治療で、
「今日はどうですか?」と尋ねたら〜「まだ少し指はむくみます」とのこと。
「肩こりは?」と〜「肩はすごく良くなった」と調子良いようです。

肘から脇の内側と、手の甲に汗疹のようなものが出てました。尋ねると、「日光に当たると出るみたいで痒くなる」という状態についてもお困りでした。これについては治療を重ねること変わってきました。掻いて傷を作っていた部分がかさぶたになって自分でできるナデールをすることでかゆみが治まり、痒みがおさまるようになりました。

最初は肩こりを治したくて来たのですが、体の各所が良くなると、ほかのことも良くなるのです。代謝もよくなり、引っ掻き傷をつけないようにする方法も知ると他の悩みもよくなります。




2016年12月2日金曜日

今日の身体の調子ヨクナル電話


患者さんより快調不調の具合を、週に二、三度〜ヨクナル電話をくださる方が数名いらっしゃいます。

治療した翌日や数日後に。
または、治療する数日前であったりします。

電話の内容は、『今日は〜膝の調子がたいへん良いです。』と電話いただきます。膝の調子が悪いときも、「今日は〜脚が少し痛いです。お知らせします。」とか「お伝えします。」があります。逐一伝えてくれるのです。《様子がわかって、こちらからのアドバイスもしやすいです。》

またある日は、今日は肩や腕の動きが良くないです。と伝えてくれます。また手首ことから顎の噛み合わせの話や口臭についても状態と体調を相談されます。歯医者へ行った方が良いどうか?などもあります。

ある方は、当初来られた頃、杖着いて付きそわれて脇を抱えられての来院でした。片足着いて歩行が困難で天井向いて横になれない状態でした。膝も伸ばすことができず、肩から腕にかけて筋肉が硬く張って腕を伸ばせない状態でした。


今朝電話ありました。「今日は天気が良くて気持ち良いですね。」杖も要らない、転ばないで、調子良く散歩ができるようになったそうです。

以上〜ヨクナル近況のお知らせでした。

2016年11月15日火曜日

ヨクナル個店塾で更年期障害もホットフラッシュもヨクナル

今月ヨクナル個店塾は三回行います。残す回は30日水曜日14時〜15時となります。


第一回目は少し専門的な話になってしまいました。歪みや痛みにおいて、筋肉の緊張と伸張の関係と拮抗している状態であることをレクチャーいたしました。また疲労改善ににおいて誰でもできる方法を紹介しました。


第二回目は動きのなかでの疲労や痛み、黙って動かなくても起きる疲労や痛みについてレクチャーいたしました。この中で更年期障害でホットフラッシュについて対策や改善についてもレクチャーと簡単な解消方法の実習を行いました。ホットフラッシュで、、、更年期だから。。。。とあきらめる必要はありません。

ヨクナル個店塾 11月30日水曜14時〜15時開催です。受付時間9:30~19:00 申し込みは電話で 054-257-7697 ご友人やご家族で参加すると、さらに理解できますよ。



2016年11月1日火曜日

平成28年度のヨクナル個店塾11月に3回やります。

 
ヨクナル個店塾を今年度も開催します。
  • 第一回 11月3日(土)PM2時
  • 第二回 11月13日(日)AM10時 
  • 第三回 11月30日(水)PM2時
痛みヨクナルをテーマに講座と体験を定員6名で行います。
受付申し込みは電話で 054-257-7697

今回どんな体験ができるのか?
痛みが消える魔法がみれるかもしれませんよ。






2016年10月8日土曜日

想像してみてください。寝るだけで良くなるマットっていいでしょ。

暑くなったり急に肌寒くなったり蒸した日があったり。でもしっかりこれから秋に入り、冬を迎えるんですね。個人的には寒い冬より暑い夏が好きです。
暑い時でもカラダを冷やすことが多いと筋肉の緊張を絶えず与えるので疲労が増します。
寒いときは、冷える時間が長ければ筋肉は緊張をしつづけて疲労を起こします。
これに体幹が歪んだ状態で筋肉に緊張と疲労を与え続けて捻れたカラダの各部位の柔軟性は損なわれます。緊張しっぱなしもだめですが、弛緩状態しっぱなしも困ります。
人間の身体の筋肉は、伸張と収縮が大切です。暑い時でも寒い時でも、筋肉は伸びて縮んでを繰り返し、各部位の可動域を広く動く事が重要です。この可動域が狭くなると、緊張しっぱなし→コリを生みます。緊張が長くう歪みがあると靭帯や腱を痛めます。弛緩が長く緩みすぎると靭帯を痛めます。
このように、絶えず人間は環境に左右されています。そこで、夏時期は涼しく感じて気持ち良く睡眠が取れて、冬時期は温かく気持ち良く寝れるのが理想的です。
理想と現実を考えるとき、提案が発生します。
わたしからの提案。
寝るだけで良くなる凸凹マットです。
寸法1m✖️2m ¥210,000(税込)
全身が伸びて気持ち良く寝れます。
  • 寝ていたも疲れが取れない。
  • 眠りが浅い。
  • 寝ていて明け方になると腰が痛くなる。
そんな方はオススメです。敷きっぱなしでもカビ無いようになっております。ブロック状の凹凸が身体に横たわると体が伸びます。立って足で踏みつけても凹みません。そして痛くありません。通常ながく寝床として使用していると臀部、お尻の周辺がへこみます。ですが、この凸凹マットでは、18年使ってもお尻の辺りが凹むということが起きません。耐久性抜群です。
治療に来られて寝ている方は気が付きませんが、これから冷える時期寝ても身体の体温が奪われること無く、自分の体温と遠赤外線効果が働きます。寝ているところが冷たいと横になっての治療は気の毒ですからね。
凹凸マットに身体が横たわると、どんな良いことが起きるのか!
  • 凹凸間に体が当たっているところの筋肉は伸びる
  • 筋肉の緊張が早く解けるように遠赤外線効果が備わっている
  • お尻が凹まない耐久性のある素材なので一生使える
  • 夏涼しく冬温かいので睡眠がよく取れる
  • インナーストレッチと合わせると自分で治療することができてよくなります。
ちなみにシーツは医療機器に値する特殊シーツが付属で付いています。SEKマークの赤です。SEKマークの赤を使用しているところはそう無いと思います。これは病院などで使用される繊維です。MRSAにも有効。菌の増殖を抑えるという基準のものです。

値段は高いけど、20年以上耐用できる一生モノだとおもいます。

2016年9月30日金曜日

袖師生涯学習交流館で講師に招かれ体験講座をいたしました。


昨年、由比生涯学習交流館に招かれてまして、そのつながりで袖師生涯学習交流館に講師依頼があり二日間にわたり2回の講話と体験会を行いました。

13名の方が参加されました。やはり参加人数は10名前後がちょうどいいですね。参加者人数は少人数制の方が多くの人の声が聞けて交流ができますね。

1回目は日曜日の午前中に千田郁乃が主で開催
講話と体験
  • 姿勢が良くなると痛みや不調から解放される
  • 体の仕組みについて
  • きれいな姿勢になってウォーキング体験(インナーストレッチ講習)
  • シェイプアップ効果が倍増メリハリある姿勢美人に!
以上の内容で、明るく楽しく開催することができました。質問応答時間は予定時刻を過ぎてしまうほど、盛り上がりました。立つのが辛いので座っていることが多いという方が長く立てる。しかもスイスイ歩ける。と驚いて喜んで頂けました。

2回目は水曜日の夜間に千田厚が主で開催
雨が時折降る中13名全員が参加されました。
講話と体験
  • 自分の歪みを知る(緊張して身体、歪んだ身体、疲労した身体を知る)
  • 解決の方法を知る(歪み診断、歪み矯正とナデール講習)
  • ヨガマット等を使った体験実習
第1回で立っているのが、辛く立つのも歩くのもやっとという方が、私どもに会うなり喜ばしいうれしい経過報告をしてくださいました。階段も上れて這うことをしなくて良くなったというのです。
前回のおさらい、知識を得てもらうために事例と交えてた講話、そしてナデール体験講習、Q&Aタイム。二日目も大変な盛り上がりで予定時間を超えてしまいました。

毎回治療所の外に出て思うのですが、多くの悩みや問題を抱えていらっしゃる方の多くが解決の方向に誤りがありました。良くなるネットに治療にくれば、
すぐ良くなります。
なかなか時間無いと言う方でも、たった一度でもすごいよくなります。